2018年 8月 8日 (水) 最終更新日
阿蘇方面の道路情報は↑こちらをご覧ください。
今年の参加会員はこちらです。
←会場の全体地図です。
 今年は新しく観光協会にも展示します。



阿蘇路へお越しの節は道路情報をライブカメラでご確認下さい。
 俵山トンネルルート は昨年12月24日に開通しました。ライブカメラ3ッ箇所。
 阿蘇市ミルクロードライブカメラ10ッ箇所。

 

 

谷人たちの美術館 2018 参加会員紹介

更新作業中です。各会員のページは昨年のものもあります。しばらくお待ち下さい。

長 陽 地 区 
作 品 種 別
1.下野ひぐらし寓 松浦蜩介
 鉄道のある暮らし
2.牟田ハウス 牟田邦子  さげもん飾り・和布小物
 古布(着物・のぼり旗)のリメイク
久木野 地 区  
作 品 種 別
久石地区(旧久木野支所より東側)
13.さおり織、いろあそび工房 坂井章加  さおり織りのストール、マフラーetc
14.押し花りんどう花房 川尻昭 眞由美  押し花・写真・トンボ玉
15.南阿蘇焼窯元 松山一朝  手びねりの陶芸
16キルトハウス 風の道吉永道子  パッチワーク キルト作品(タペストリー,
バッグ、ショルダーポーチ、アロマキャンドル、小物等)
17.アトリエ ナチュール 道家太紀    ハンドメイドアクセサリー
18.絵本カフェ カシュカシュ 田川文代      ニット&レース、パステル、
(和)アート
19.風我工房 布遊人 真 梅田真千子     自由服と小物雑貨
20.くらふとはうす大滝 大瀧栄子    手作り雑貨、パッチワーク・キルト
 古布の服、小物、
 河陰地区(旧久木野支所より西側)
21.カフェギャラリー 緑の小箱 松尾明美     松尾明美作 手作りの作品
22.木工房 菜の花 岡部芳典       木工品 菜の花の木工作品
23.ギャラリー葉な木 宮地博子      アトリエリー布の創作服、小林令子さんの
 自然染め手編みセーター
25.hand-sewn免の石 藤田優美子   
 麻、綿の素材を使ったオリジナル服
26.アトリエ 宮原聡子  手作りとんぼ玉・着物リメイク、服、雑貨、
 草木染めマフラー、木工作品
27.ギャラリー 風の音 今村信夫       創作トンボ玉
28.南阿蘇草木染工房 COLORS 山本清美    草木染め衣類・スカーフ・のれん
    オーガニックコットン糸・小物
29.アトリエ はるぐち 春口忠男  阿蘇の山々の絵画
30.アトリエ だんだん 中尾和弘  中尾和弘の絵画
31.南阿蘇ゲストハウス 野わけ 小辻真理子  粘土を使った創作人形
32.ログハウス かりん 河野賢悟  ログハウス、チエンソーカービング
 丸太椅子等の木工、他
33.ママ・ホットガーデン 坂口愛子   ハーブカフェギャラリー
        有吉弘行の遊画な世界
春のイベント「2017青葉の季節のアートフェスタ」参加会員です。
 白 水 地 区 
作 品 種 別
4.カレーカフェ はひふ 山本小夜子  日本画
5.ASOギャラリー 高光俊信  鉄と多肉植物
6.ステンドグラス・あかり 清永律子    ステンドグラス(ランプ、パネル等)
7.cielo (チェーロ). 宮内敬子  ポーセリンペインティング(磁器上絵付)
8.陶工房南阿蘇 瀬戸口文人    四季折々の心象を土に託した
    創作陶器と押し花

9.香房 やまぶどう. 三浦靖彦
 草木染め
10.CoCoハウス 吉野豊子 建成  各種の水彩画と油絵、各種の写真
11.おおるりの倉 後藤政孝 啓子  石粉粘土、彫刻、陶器絵付け
12.手作り工房 福の里 福里文謹子  手織り、手作り、手描き、着物リメイク

テーマ別のアトリエです。
 陶  芸
 
「陶工房南阿蘇」風 阿蘇焼窯元
 
 木工  工芸
 菜の花 ASOギャラリー  
 
ログハウス かりん
 草 木 染 等
 COLORS 香房 やまぶどう 
 絵 画   絵付け
 カレーカフェ はひふ  CoCoハウス 
 アトリエはるぐち
 
 緑の小箱  アトリエ だんだん  cielo (チェーロ) 
 かずら工芸
 写真  標本
  りんどう花房 CoCoハウス
 押し花 園芸
 りんどう花房 ママホットガーデン
 衣 類 等
 
 南阿蘇「和布の家」 葉な木 免の石  
 
風我工房 布遊人
 手作り小物
 ナチュール 野わけ  手作り工房 福の里
 
おおるりの倉  結 和 
 
アトリエ 和   ギャラリー 風の音 牟田ハウス 
 ステンドグラス  ステンドグラスあかり  
 パッチワーク
 風の道 カシュカシュ くらふとはうす 大滝 
一部の施設は本人の希望により掲載がありません。

チョット一息!
第一弾冬バージョンのCM南阿蘇村の
美しい風景が舞台になりましたが、
第二弾の夏バージョンでは白川水源が
加わりました。
おちつけ 恋心
あれから1年……。高校生だった二人に
ある変化が訪れます。
 空を見上げ、想うことはひとつ……。
「あいたいって、あたためたいだ。」
 このホームページは会員皆さんサイトです。写真の入れ替え更新等は無料ですので、
こちらから
ご遠慮なくお申し出で下さい。
南阿蘇村の『谷人たちの美術館』は今年で13年目です。過去のイベントを振り返ってみました。


サイト作成/管理:「りんどう花房」川尻 昭

 
このホームページに掲載されているテキスト・写真などの無断掲載を禁じます。