1月13日
雪はほとんど溶けていません。久しぶりの青空です。

1月11日
明け方はマイナス10度の冷え込みでした。
10時過ぎでしたが、県道は今だアイスバーンです。

1月11日
里帰りした孫の相手をしてくれた空中ブランコも寂しそうでしたので、
雪だるまを乗せてあげました。

1月5日
穏やかなお正月三ヶ日も予報通りの大雪でした。

平成30年1月1日〜3日

穏やかなお正月でした。


12月18日

南阿蘇鉄道「見晴台駅」列車が入って来ました。次は終点高森です。

キリン「午後の紅茶」のCMでは
南阿蘇村が舞台になりました。
見晴台駅では今月21日に
イルミネーションが
飾られていました。来年
1月31日まで点灯されます。
拡大写真をご覧ください。

晩秋の南郷谷 刈り入れも終わりました。

9月下旬 刈り入れが始まりました。

今年も初秋の南外輪山地蔵峠〜大矢岳を歩きました。 (2017.8.31)


8月で1,000回を迎えます。先日取材に来てくれました。
RKK熊本放送8月23日午後7時からの番組でした。
内容は熊本の街道を行く「県道28号線編」で、
「りんどう花房」は南外輪山天然水の紹介でした。
15年前に作った私のサイト「熊本県道28号線」です。
「週間山崎くん」は二度目の取材でしたが、10年程前の懐かしい番組はこちらをご覧ください。
「楽しい取材」の欄です。寒い日にレポーターが五右衛門風呂に....

今日は区役。
朝7時から私達の地区16人で、お盆前の村道県道の路肩の草刈りをしました。
範囲は地区の周りですが、草を刈払機で刈る「刈払組」とそのあとを掃く「ほうき組」に
分かれます。疏水沿いの県道を済ませたところで、いつもの
激しい雨!

この雨では刈った草は掃けませんので中止。

夕方、各々自分の周りの県道の草を刈りました。

今年もグミが実りました。ジャムを作ってみようと収穫しましたが...........

シジュウガラの巣作り

花壇の馬酔木の木の下に置いている徳利に毎年シジュウガラが子育てをします。
今年も巣の材料を運び入れていました。

今までの子育てはこちらをご覧ください。 平成12年の徳利です。

クレソン
春の小川と云うよりも湧水池です。南阿蘇には所々に湧水池があります。
今日はクレソンを摘みに行きました。私にとって、身体にとてもいい最強の野菜です。
軽くゆでておひたしに。毎日食べています。

今年の冬も寒かったですね。やっと梅の花が咲きました。
山並には、昨夜からの雪がまだ残っています。

2月10日 
強い冬将軍がやってきました。朝の南郷谷です。積雪はあまり多くありません。

塩をまく車
早朝の県道28号線を凍結防止の
塩化ナトリウム(塩)がまかれていました。
塩がまかれた道路では、降ってきた雪と既に降り積もった雪が食塩水と混ざって薄い食塩水になり、ある程度の濃度に薄まるまでは、0℃では凍らない状態が続くので凍結防止になるそうです。


晩秋・冬・庭の赤い実です。



萬 両 (ヤブタチバナ)



百 両 (カラタチバナ)


鎌 柄


ウメモドキ


南 天


ツルウメモドキ


武蔵鐙


シロタモ


昨年9月1日 地蔵峠(1086m)へ

ここはグリーンロードが南外輪山を越える鞍部のすぐ上にあります。
近くの駐車場から登って10分もかかりません。
お地蔵さんが祀ってありますが、昔は重要な交通の要所でした。
今日は、山野草が咲く峠付近を散策しましたが、南へ大矢岳を目指すと
西に熊本平野に金峰山、雲仙岳も望め展望は抜群です。
初秋の清々しい山歩きでした。

8月24日 秋の気配です。

23日の処暑を過ぎると、さすがに谷を渡る風もヒンヤリと感じます。
稲穂も色づいてきました。黄色い稲穂は「コシヒカリ」来月10日過ぎには刈り入れが始まります。
グリーンはニ番手の「アキゲシキ」です。コシヒカリの収穫が終わる頃、刈り入れ時になります。


8月18日 蜂に刺されました。(イチョウの幼木に作った巣)

蜂の巣は一目に付かない場所に作りますが、この蜂は低木の植木やツツジの茂みの中によく作ります。
それも人が通る場所ではなく裏側の方です。この日は、ツツジを背に裏側に回って草刈り中でした。
一瞬右手甲に
真っ赤に焼いた木綿針が刺さったような激痛がはしりました。
手の甲には何も残っていません。やられたと思い振り返るとすぐ後ろに蜂の巣がありました。

ウマンクラバチ」と云って馬の鞍に似た巣をつくります。「アシナガバチ」よりも小型で、
比較的おとなしい蜂ですが、背中で巣を揺すったのでしょうね。薬はすぐ塗ったのですが、
翌日甲が薄ら晴れて痛がゆいことししきり。顔でなくて幸い。3日目には治りました。


6月7日 
熊本地震で早目に目覚め?

九州地方は梅雨入りしました。
本格的に雨が降る前に、先日刈った草を
掃き集めて燃やしました。
ツツジの根っ子に刈り残した箇所があったので、刈り払機で草を刈っていたら、何やらゴソゴソ動く昆虫が。エンジンをとめてよく見ると大きなカブトムシでした。

夜行性ですので休んでいたのでしょう。
危うく刈り払うところでした。
捕まえてクヌギの木にとまらせて写真を
撮りましたが、元気よくみるみるうちに
上の方へ登って行きました。

動画はこちらをご覧ください。

予定通り巣立ちました。
徳利から出て来た瞬間を撮りたかったのですが、カメラの電池切れで、充電中巣立ちました。

徳利の上の枝にしがみついていました。動画もご覧ください

親鳥はどここから雛を見守っています。餌を運んで来ました。

濡れている身体が心配でしたが、今日は天気がいいのですぐ乾くでしょう。

午後、庭の山桜とカリンの枝に止まっている雛を見つけました。
親鳥の餌を待っています。


5月15日
毎自観察しています。この2〜3日は、親が巣立ちを誘いますがまだ反応はありません。
早朝です。カメラと巣の距離は約4m程です。


「食べたいなら出ておいで」と盛んに入り口で餌を見せますが...............

5月7日
餌を運んで来たお父さんと、雛のウンチくわえて出てきたい母さんと鉢合わせです。
庭の花壇のすぐ横の木の根っこに置いている徳利です。

今日はお父さんが昆虫を運んでました。
昨年の、お気に入りの徳利子育はこちらをご覧ください。(徳利の場所は変えています)


11月16日 暖かい晩秋 〜 ほっと一息

庭の木々も紅葉が早いカエデ、柿、モミジも落葉で終わりましたが、
後の庭は掃除が大変です。天気がいい日は毎日落ち葉掃きです。
その後のコーヒーブレイクは、好きな山並を眺めながらの一時。
青空に刻々と変わる浮かんだ雲を眺めると時間が立つのを忘れます。